読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

おしゃべりなパントマイム

カンジヤマ・マイム

『次々に展開される奇想天外な発想と驚異的な身体表現がおりなす舞台。「人間の体ってスゴイ!」大爆笑の感動で味付けされた本物の芸によるパントマイムショー!』

立っているだけでおかしかった。

 パントマイムは、テレビで見たことはあっも実際に見たことがなかったので、楽しみでした。子供向けの構成だったのだろうけれど、大人向け?のものもあって、おもしろかったです。舞台を見るときは、最近は、見る側とみられる側と、微妙な交差のようなものを個人的に感じてしまうためか、昔のようにただ無邪気に見れなくて、楽しむためにはないほうがいいのではないのかなと思うような自意識のような、年を重ねたためか、子供が一生懸命夢中になってみて笑っているのをうらやましくも感じます。

 パントマイムに必要なのは、固定と想像力ともう一つ。固定は別の言い方だったかもしれません。それから、桃を食べる練習もしたけれど、理性があってはできません。

 NHK「おかあさんといっしょ」の新身体表現コーナー「パント!」の監修、振り付け・指導も手掛けているそうなので、機会を作って視聴したいと思いました。