読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

『レ・ミゼラブル』

 (C) Universal Pictures

英題:LES MISERABLES 制作年:2012年 制作国:イギリス

日本公開:2012年12月21日 上映時間:2時間38分 

配給:東宝東和

 レ・ミゼラブル

解説: 文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化。『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーが監督を務め、貧しさからパンを盗み19年も投獄された男ジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯を描く。主演は、『X-MEN』シリーズのヒュー・ジャックマン。彼を追う警官にオスカー俳優のラッセル・クロウがふんするほか、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドら豪華キャストが勢ぞろいする。

あらすじ: 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。シネマトゥデイ 

 ミュージカルが好きなので見れてよかったです。感想は、難しいです。少し前の時代になるけれど、ルソーの社会契約論を思い出すし、原作も子供向けのものをはるか昔に読んだ記憶がかすかにあるだけでしたが、ミュージカルは、原作とは違うけれど、ミュージカルになっていたから見れたかなとも思います。ルソーでは、女性のことが出てこないけれど、こちらでは出てきて、原作も読んでみたいけれど、今はきつくてちょっと読めれないかもしれないなと思います。でも、すがすがしい歌声が響いて、見れてよかったと思います。