読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

『007 スカイフォール』

原題 Skyfall  制作年2012年 制作国アメリカ 上映時間143分

007 スカイフォールのポスター

「「007」シリーズの第23作で、「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」に続きダニエル・クレイグジェームズ・ボンドを演じる。各国のテロ組織に潜入している工作員を記録したMI6のハードディスクが何者かに奪われ、ボンドは犯人を追いつめるが、MI6の長官Mの命令で放たれた銃弾に撃たれ、橋の上から谷底へと落ちていく。Mはリストが奪われた責任を追及され辞職を迫られるが、これを拒否。しかしその直後、リストを奪った犯人によりMI6のオフィスが爆破され、さらなる犠牲者を出してしまう。このニュースを見たボンドは再びMのもとへ舞い戻り、現場へ復帰。犯人の手がかりを求めて上海へと渡る。「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデスがメガホンをとり、シリーズ初のオスカー監督が手がける「007」となった。ボンドガールは仏女優ベレニス・マーロウと英女優ナオミ・ハリス。悪役に「ノーカントリー」のハビエル・バルデム。M役はシリーズおなじみのジュディ」 (映画.COM)

 監督 サム・メンデス / 制作 マイケル・G・ウィルソン バーバラ・ブロッコリ /制作総指揮 カラム・マクドゥガル /脚本 ニール・パービス  ロバート・ウェイド  ジョン・ローガン /撮影 ロジャー・ディーキンス /美術 デニス・ガスナー /衣装 ジャイニー・テマイム /編集 スチュアート・ベアーズ /音楽 トーマス・ニューマン /主題歌 アデル

  007シリーズは、『ゴールデン・アイ』ぐらいから時々映画館で見ていました。子供の時にも、テレビで放送されていたのかもしれないけれど、私にとってはアダルトな違う世界の物語でよく知らないのです。

 今回は、物語の筋よりも、スパイの世界での時代の移り変わりを考えてしまいました。技術の発達、世界の移り変わり社会の仕組み、人間としての誠実さ。オリンピックとか、世界の人が集まって競い合うけれど、黎明期のような国境や情報通信と今の時代の違い、選手は国の代表として競技するのかもしれないけれど、選手同士は、国民の大多数より、わかりあうことや親密になることもあるのだろうなとか。特に技術の差がすごいなあと。そういうのをこの映画を見ながらぼんやりと考えていました。

 スカイフォールというのは007の生まれ育った家のようですが、どういう事情があったのか知らないのですが、ラストの舞台になり炎上してしまいます。昔なじみの家の管理をしてくれていた人が、「準備はできているか」と尋ねられて、「生まれる前からできている」と答えていたのがおかしかったです。何もかも燃やし尽くせというような巨大な確執や葛藤があったのかなと。最近は、『ベスト・オブ・カーディガンズ』をよく聞いていて、最後に『バーニング・ダウン・ザ・ハウス feat.トム・ジョーンズ』が入っているのですが、その曲がなんだか連想されたのでした。