読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

『マリー・アントワネット物語展』

「その美貌と香り立つ気品で熱狂的に愛され、そして憎まれながら37歳という若さで革命の波に飲み込まれ露と消えていった、あまりにも有名な18世紀のフランス王妃。誕生から250年以上たった今でもカリスマ性を保ち、彼女が人々をひきつけてやまない理由は何なのでしょうか?本展では、王妃として華やかで優雅な宮廷生活を送りながらも、妻として母として悩み、最後はひとりの女性として毅然と散っていったアントワネットの一生を作品でたどるとともに、洗練されたライフスタイルやファッションに代表される彼女の愛した‘‘美’’に焦点をあてます。パリ市立カルナヴァレ博物館、ナポレオン財団のほか、彼女とゆかりのあるフランスの名門貴族が代々受け継いできた家宝を含む約120件の貴重な史料をとおして‘‘マリー・アントワネット’’の物語をつむぎます。」

 今でも人をひきつけてやまない理由は?なんだろう。西洋の物語やお姫様のイメージとして思い浮かぶからでしょうか。歴史的なことはともかく、注文したまま、完成を見ることのなかった時計だとか、小花柄の壁や家具の注文はいつも突然で最高のものだとか。ダイヤモンド事件だとか。最後のほうに復元されたドレスの展示があり自由に写真が撮れました。

アントワネット関係の本も販売されていてハプスブルグ家の美の遺産の写真集とマリー・アントワネットの本を買いました。うっとり、そしてタイムトラべルしようと思っています。