読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

博多 大宰府 2013/12/29 参

 翌朝です。

f:id:oborodukiyo22:20131229100106j:plain

  駅に向かいます。この日は大宰府周辺を散策する予定です。

f:id:oborodukiyo22:20131229102853j:plain

 昨日お参りした、住吉神社の鳥居が見えます。西鉄に乗って都府楼前駅へ、地図を頼りに歩いていきます。

f:id:oborodukiyo22:20131229114933j:plain

 水路があり、それほど寒くない冬景色です。

f:id:oborodukiyo22:20131229115850j:plain

 空の開けた場所に到着しました。大宰府政庁跡です。

f:id:oborodukiyo22:20131229115859j:plain

 『7世紀から平安時代まで九州全土を収めた大和朝廷の役所跡』です。石碑の方へ行ってみます。

f:id:oborodukiyo22:20131229120029j:plain

 何度か建て替えられたそうで、礎石が残っています。

f:id:oborodukiyo22:20131229120059j:plain

 大きな雲が載っていたようだったのが、いつの間にか青空が広がっています。

f:id:oborodukiyo22:20131229120418j:plain

三つの石碑です。

f:id:oborodukiyo22:20131229121030j:plain

 真ん中の石碑です。都督府古址。以前は現在のように整備された公園ではなかったようです。

f:id:oborodukiyo22:20131229121004j:plain

 3段になった礎石?大きな石です。 

f:id:oborodukiyo22:20131229122600j:plain

 さらに歩いていき、坂本八幡宮へ。

f:id:oborodukiyo22:20131229122656j:plain

 お参りします。

f:id:oborodukiyo22:20131229122736j:plain

 からんさまとある石碑もお正月準備がされています。

f:id:oborodukiyo22:20131229124122j:plain

 周囲には散策できる道があり、花の季節には桜や梅、その他いろいろ季節の花が美しいようでした。

f:id:oborodukiyo22:20131229124518j:plain

 少し進んで、大宰府学校院跡です。

f:id:oborodukiyo22:20131229125647j:plain

 観世音寺です。途中、餅つきか何かをしている声が聞こえてきました。

f:id:oborodukiyo22:20131229125922j:plain

 天智天皇が母・斉明天皇の冥福を祈って発願、746年に完成したそうです。

f:id:oborodukiyo22:20131229125955j:plain

境内です。

f:id:oborodukiyo22:20131229130121j:plain

  とても古そうな楠です。

f:id:oborodukiyo22:20131229130239j:plain

 国宝の梵鐘があり、重要文化財の仏像などが宝蔵に展示されているそうです。

f:id:oborodukiyo22:20131229130753j:plain

 長い参道を通って、入口です。

f:id:oborodukiyo22:20131229131920j:plain

 大宰府に向かったのですが戒壇院へ引き返します。

f:id:oborodukiyo22:20131229132136j:plain

 日本三戒壇の一つだそうです。戒壇院とは僧尼の戒律を授ける場所で、唐の高僧 鑑真が国内では初めて授戒を行った寺だそうです。砂紋が描かれています。

f:id:oborodukiyo22:20131229132224j:plain      

 菩提樹です。『鑑真和上が中国から請来したと伝えられる』とあります。f:id:oborodukiyo22:20131229132653j:plain

 山門です。

f:id:oborodukiyo22:20131229132859j:plain

 参道です。奈良時代の仏教や、お遍路をしているときに聖武天皇の名前を良く見たので、つながりがあるようでうれしいです。

f:id:oborodukiyo22:20131229142017j:plain

 雑誌で見かけて、場所がわかれば寄ろうと思っていたカフェへ。いくつかケーキを選び、セットで出てきたパフェです。あはは。かわいいです。片目がひっくり返っていて、『コーリング』(岡野玲子のマンガ分)を思い出します。相手の心をぬけがらにして、呪術や嫌がらせ圧力で支配や服従させたって、愛なんて生まれる余地はないよねぇ。アイスはそうだと言っているようです。

f:id:oborodukiyo22:20131229145847j:plain

 再び大宰府天満宮へ向かいます。

f:id:oborodukiyo22:20131229150124j:plain

 到着します。

f:id:oborodukiyo22:20131229150541j:plain

 長い列があり、並んでいると御神牛の像にたどり着き頭を 撫でてきました。