朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

2021/1/16~1/31

1/16 寒風にアロエの花のたくましく

1/17 悠々と船団組んで冬の雲

1/18 水仙の日々増えていく庭先

1/19 絞り出すひび薬今日やわらかに

1/20 大寒の水温予想ピーク越え

1/21 小春日や色を変えて軽くなる

1/22 ポイントがアイスに代わる冬の暮

1/23 PCの写真の確認冬の雨

f:id:oborodukiyo22:20210117164006j:plain

1/24 蝋梅の匂いのこもるドアの先

1/25 あきらめてそれでも眺め冬木の芽

1/26 冬麗ラッキーカラーあやかって

1/27 気になって行き来する駅冬の夕

1/28 伊予柑の出来を称え食す夜

1/29 商店街かすかに漂う六花

1/30 食べすぎのおやつ突く外の水入れ

1/31 切干も洗濯物も取り入れる

f:id:oborodukiyo22:20210131150552j:plain

2021/1/1~2021/1/15

1/1 元日に藪椿も咲き紅白

1/2 ストーブの火を消す後にアンコ餅

1/3 そぞろなれど目先の目標三ヶ日

1/4 ピンボケの黄葉を移す冬の空

1/5 開店の入り口見上げ注連飾り

1/6 一列に紅サンゴめく梅の枝

1/7 曲付きで北風小僧冬の空

1/8 水飲み場困惑の猫氷張る

f:id:oborodukiyo22:20210102131128j:plain

1/9   昼過ぎも融けぬ氷上落花かな

1/10 強風ともろい作りの凧

1/11 コロナの日々成人式の在り方

1/12 休み明け松葉の絨毯遊歩道

1/13 移動する大地のような群れすずめ

1/14 どの位置も恩恵受ける日向ぼこ

1/15 時せまりあぜ道白い霜の朝

f:id:oborodukiyo22:20210104125018j:plain

 

2020/12/16~12/31

12/16 C管を納める額を見る寒夜

12/17 部屋に貼るC管眺める冬の夜

12/18 冬の雲届きそうなクレーン車

12/19 建物の隙間ごとに冬の虹

12/20 双眼鏡大接近の星二つ

12/21 最接近800年ぶり木と土

12/22 冬の雲目の健康にとらわれて

12/23 自動連写不審な動き取れる冬

f:id:oborodukiyo22:20201212103106j:plain

12/24 縄跳びで飛び跳ね地球柔らかか

     イブの夜ずれた今待つテレビ前

12/25 封を切るそんなに前と思わずに14年前同日聖夜

     荒い画とコーラと聖菓DVD

12/26 冬うららラジオをつけて窓掃除

12/27 重ね着で組み直しする予定表

12/28 晴天や雲一つなき大掃除

12/29 冬枯れの川に集うサギと鴨

12/30 抹茶入りスポンジにする小晦日

12/31 今年初今日で最後の六花

f:id:oborodukiyo22:20201212103521j:plain

2020/12/1~12/15

12/1 目が覚めて吐く息白い12月

12/2 ストーブの火力弱めて湯を移す

12/3 冬枯野散歩に弾む黒い犬

12/4 校庭のスズメのおしゃべり小さい木

12/5 爬虫類のように動かぬ冬日

12/6 雪かぶるように満開初嵐

12/7 切り替わるように突然来る寒気

12/8 クリスマスデコ続く道おもちゃ箱

f:id:oborodukiyo22:20201218125415j:plain

12/9   鳥の群れ小春日和の散歩道

12/10 小春風街鳥の集う公園

12/11 冬日和くじ引きを引く運試し

12/12 入口の検温モニタ小六月

12/13 日暮まつイルミネーション流星群

12/14 貼り付けたカイロ直せる時を待つ

1215 突然の極寒棚にないカイロ

f:id:oborodukiyo22:20201219173516j:plain

2020/11/16~11/30

11/16 剪定の赤い木の葉の作る額

11/17 そよ風と落ち葉ベンチの人隠す

11/18 白鳥の心地よさげなお堀かな

11/19 カナリアと同じ色した銀杏かな

11/20 配給のような支援の流る冬

11/21 この柿はゴートゥー土産想定外

11/22 固い菓子机に向かう厚着せり

f:id:oborodukiyo22:20201111125538j:plain

11/23 冬耕のごと繰り返し課題せり

11/24 聞かされるおいしいりんご見分け方

11/25 あるうちに切り方調べる洋梨

11/26 冬の夕影絵になった停車駅

11/27 焼き芋や気がかり離れ無心なり

11/28 試験の日ハッシーに祈り行くマスク

11/29 ロープゆれビル磨く人大そうじ

11/30 湯に戻るカラカラになるみかん皮

f:id:oborodukiyo22:20201126130753j:plain

 

2020/11/1~11/15

11/1 秋深む弁財天と『テンペスト

11/2 秋の雨酸味になった甘酒と

11/3 ささやかな小さな鬼の子軒の下

11/4 大国の選挙のもつれ届く秋

11/5 後の月淡く透かす秋の空

11/6 確かめる紅葉の道万歩計

11/7 冬に入る固まる自分PCに

f:id:oborodukiyo22:20201117125156j:plain

11/8   会場のディスタンス仕様秋の声

11/9   重なった旧ソフト外す暮早し

11/10 柿の実のたわわに残る残照に

11/11 90°画面見る駅冬浅し

11/12 沈む日に抗うカラスビル超える

11/13 引越して開けぬデータ11月

11/14 宿毛から出された甘藷汗をかく

11/15 温泉に並ぶ産地別の柿

f:id:oborodukiyo22:20201112170222j:plain

 

2020/10/16~10/31

10/16 パラパラと道路まかれた金木犀

10/17 芋を掘る小さい畑祖母と孫

10/18 色鳥やカメラを出して時すでに

10/19 停車駅アサギマダラの為の草

10/20 やわらかい渋抜きの柿難しい

10/21 人に聞く大きな幼虫しじみ

10/22 まとまってどしゃぶりの雨秋湿り

10/23 城下町紅葉且つ散る広場かな

f:id:oborodukiyo22:20201021125043j:plain

10/24 蜜避けて少しさびしい文化祭

10/25 蜜避けた「パプリカ」流る運動会

10/26 ハロウィンの盛り上げ増える女郎ぐも

10/27 手の中のバッタぶつかる台所

10/28 飲み干して延長視聴秋ライブ

10/29 夜更かしとマスク作りと虫の声

10/30 秋の夜仕上がるマスク2つ分

10/31 ブルームーンハロウィン焼き芋特別に

f:id:oborodukiyo22:20201023130218j:plain

 

2020/10/1~10/15

10/1 ハイテク化真偽の境肌寒し

10/2 靴擦れと答え合わせの秋真昼

10/3 天高しチケットの残り湯につかる

10/4 道逸れて途切れて続く曼殊沙華

10/5 もっともな秋果のケーキ理由付け

10/6 郊外へ迎えの車秋の色

10/7 音のない祭ののぼり秋の空

f:id:oborodukiyo22:20201010172556j:plain

10/8   目を凝らす低体温の寒露の日

10/9   運賃の値上げ確認秋の風

10/10 橋に立ち山の上の秋の虹

10/11 戸を伝うさなぎになりに秋の昼

10/12 ころころと日向干されるさつまいも

10/13 始まりに座り傾聴秋の風

10/14 秋高し対向電車計る時

10/15    恐竜の足跡めいて初紅葉

f:id:oborodukiyo22:20201010173106j:plain

 

2020/9/16~9/30

9/16 返品で産地の一端知る文月

9/17 風揺れる黄花コスモス実り色

9/18 新しいレンズ越し見る秋麗

9/19 急須からほっこりとする秋曇り

9/20 コロナ禍を過ぎて開催彼岸花

9/21 復習をひと休みしてとる秋果

9/22 秋晴れに日向膨らむ大座布団

f:id:oborodukiyo22:20200929154025j:plain

9/23 秋海棠少し残った水を遣る

9/24 取り置きを兼ねて供えるふかし芋

9/25 紹介の「トゥルーマンショー」秋の暮

9/26 蟋蟀のすみかにかわる草の山

9/27 最終回見終えて気づくそぞろ寒

9/28 口の中詰め物取れて夜長し

9/29 時鳥草浮かぶ単語は単子葉

9/30 秋の夜近い雷鳴四方から

f:id:oborodukiyo22:20200929170116j:plain

 

2020/9/1~9/15

9/1 三平方動画でさらう秋なかば

9/2 ラディコより圏外番組九月かな

9/3 十六夜や垂直反射屋根の上

9/4 遠出して信号待ちの猫じゃらし

9/5 超がつく今年も台風要警戒

9/6 停止する観覧車見上げ野分待つ

9/7 漠然をさらいまとめて涼新た

f:id:oborodukiyo22:20200917145005j:plain

9/8   玉すだれ初めの数輪白映える

9/9   新涼や箱に見つける夜の猫

9/10 秋の蝶逃げることなくふわり舞う

9/11 玉すだれ線香花火似るつぼみ

9/12 中央値はすれようやく合うサイズ

9/13 最終話余韻引きずり草の花

9/14 ラジオつけ6時の合図秋の朝

9/15 稲刈りの匂いの残る散歩道

f:id:oborodukiyo22:20200929153703j:plain

 

竹生島 2019/2/25

翌日です。f:id:oborodukiyo22:20190225070803j:plain

 晴れています。

f:id:oborodukiyo22:20190225074949j:plain

  近くの神社にお参りします。神明社です。

f:id:oborodukiyo22:20190225074101j:plain

 境内に旧瓜生家住宅があり、県内最古級の建造物で、神官の住居の特徴的な様式がみられるそうです。この時間は早いので見学時間外でした。

f:id:oborodukiyo22:20190225074814j:plain

 三角の木の衝立のようなものがあります。それをくぐって神社の前まで行くには狭いようですが、雪が積もったときの対策なのでしょうか。この日はせっかく琵琶湖の横を通るので竹生島へ行きます。なんだか私の人生でこの頃この場所がクローズアップされているようでした。

 

 そんなことは書いても書かなくてもいいことかもしれないけど、書いた方がいいのかそうじゃないのかもわからないけど、以前のブログに「もうおわったことよぉ」とはのんびりした口調でまだ言えなくて、究極ような状態になったら魔女のダイモンのような絆が働くのかなと書いた人は、そういうのがあったとしたら、もちろん見えたりはしないけれど、ある時なくなっているのに気が付いて、その時期も割合はっきりしていて、2019年の8月です。そのときはあれ、何でだろうって。でも、そうなったほうがいいのでしょうね。パードレとか、いろいろあだ名をつけられた存在もそれがいいと肯定しているようにおもわれるので。私にはわからないなにか出来事があってなら、いつか忘れそうだからわかったときのための記録です。なんとなくその事思い出してて、2020年の11号のhonkowaを最近読んだので余計にかな。

f:id:oborodukiyo22:20190225084219j:plain

 鯖江駅です。竹生島へは何カ所からか船で行けるようですが、長浜港からの便で行く予定です。JR北陸本線特急しらさぎ米原行に乗ります。 

f:id:oborodukiyo22:20190225105716j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225110144j:plain

 到着です。今日も暖かい日です。豊臣秀吉石田三成の出会いの像があります。「三献の茶」の逸話です。黒壁スクエアとその周辺を散策します。

f:id:oborodukiyo22:20190225110245j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225115654j:plain

 ガラス屋さんが軒を並べています。今の時期はお雛様のガラス飾りが沢山並んでいました。ガラス製品が美しいです。

f:id:oborodukiyo22:20190225120544j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225120625j:plain

 豊国神社です。お参りします。お稲荷さんがいました。

f:id:oborodukiyo22:20190225120659j:plain

安土桃山時代、秀吉の没後に長浜の町民がその遺徳を偲んで建立。事代主大神、豊臣秀吉加藤清正木村重成を祭神としています。
 大坂夏の陣で豊臣家が滅びると、徳川幕府は神社を取り壊すよう命じました。町民は、一時、祭神を町年寄の家へ移し、八幡宮の古堂を移築して、商売の神様である恵比須神を前立に、奥殿に秀吉像をひそかに祀り、長い江戸時代を過ごしました。
 明治31年(1898)の秀吉300回忌に社殿を造営して現在の社容を整えました。1月の十日戎、武者行列が繰り広げられる10月の「豊公まつり」の際には、商売繁盛や出世を願う人で賑わいます。』

 駅の近くに戻りお昼にしようとしましたが、どこもいっぱいで地元のグルメというわけではないお昼になりました。でも、旅行に行ってなぜかその観光地以外のお土産を買ってしまうこともよくあることと思い出します。

f:id:oborodukiyo22:20190225125032j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225130129j:plain

 冬季の平日は長浜港から午前と午後にそれぞれ往復の便があります。上陸時間は85分です。午後の便に乗るために遊覧船乗り場に移動します。琵琶湖案内の放送と映像が放映されています。魞漁が見えました。歳時記で名前だけ知っていた景色が目の前にありました。

f:id:oborodukiyo22:20190225132601j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225132920j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225134932j:plain

 行きは12時50分発 13時20分着。帰りは14時45分発 15時15分着です。この便しかないので乗り遅れると置いてけぼりになってしまうので時間厳守です。一緒に乗ってきた人たち以外は島にはお参りの人はいないようです。

 竹生島魞挿す海を渡りつく

 人影のない島の岩の上空を鳥が舞っています。急な階段を登って宝厳寺の本堂です。弁財天が祀られています。梅の蕾です。724年に行基か開いたお寺です。宝物殿では大きな亀の像がいました。

f:id:oborodukiyo22:20190225134901j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225141645j:plain

 2020年の10月に『テンペスト』池上栄一 を読んでいたら、琉球が舞台なのでノロやオナリ信仰の話も出てきました。「また、海運業者たちは船の航海安全を祈願するために弁財天を崇め、航海があるたびに盛大な祈願祭を行っていた。弁財天を祭る理由は琉球特有のオナリ信仰とかかわりがある。船乗りの男たちは姉か妹がオナリ神となって自分を守護すると信じていいいた。船乗りたちはオナリ神となった姉か妹の髪を懐紙に包みお守りとしたものだ。弁財天は女性の神であり、オナリ神に通じる。この弁財天を管轄するのは、王のオナリ神である聞得大君だ。」とあり、もしかしたら私が、魔女とダイモンとの間にある絆のようなものかな、と感じたものはこのオナリ信仰と同じようなものだったのかもしれないと思いながら読みました。

 舟廊下です。「豊臣秀吉の御座船「日本丸」の船櫓を利用して建てたと伝えられています。」

f:id:oborodukiyo22:20190225141130j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225142041j:plain

 宝厳寺の樹齢約400年のもちの木です。 都久夫須麻神社(つくぶすま)です。「竹生島の呼名だといわれています。平安時代延喜式に載る由緒ある神社です。

f:id:oborodukiyo22:20190225142836j:plain

 かわらけ投げをしています。後に並んでいてきれいに飛んで行ったのを見て歓声をあげてしまいました。私も挑戦します。「拝所からびわ湖に向う鳥居へかわらけを投げ鳥居の間を通ると願いが叶うといわれています。」応援しているフジファブリックの十五周年記念の大阪城ホール公演初ワンマンライプが2019年10月にあるので成功祈願ともう一つ。二枚とも違う方向に飛んで行ってしましました。

 でも大丈夫です。他のところでもお願いしてきました。

 船からも見えていましたが、ここが『偉大なるしゅららぼん』では、あの場面の場所なのかと思いました。

f:id:oborodukiyo22:20190225142950j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225143010j:plain

 柱のあるところは舟廊下の下のようです。港に戻っていきます。途中に黒龍堂があります。岸壁の上にある通路で、片側が海です。謎に包まれた湖底遺跡があります。

f:id:oborodukiyo22:20190225143241j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225144139j:plain

 竹生島は古来信仰の対象になった島で、竹生島弁財天は日本三大弁財天の一つだそうです。お土産物屋の通りがあります。赤こんにゃくがありました。

f:id:oborodukiyo22:20190225144239j:plain

 湖ですが、長い時間乗っていたし港について水面を眺めても海のように感じます。

f:id:oborodukiyo22:20190225150441j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225150509j:plain

 日差しが切ない景色になり、帰りもガイドが流れます。伊吹山を探したり、琵琶湖の流出河川は1本のみで、その瀬田川の「下流へ行くと宇治川、淀川と名前を変えて大阪湾に注いでいる。」とは驚きです。

f:id:oborodukiyo22:20190225152900j:plain
f:id:oborodukiyo22:20190225153133j:plain

 船から降ります。湖沿いを歩いて公園を通ります。雪対策がされています。長浜城の方角に進みます。波が寄せる砂浜があり、本当に海ではないのかと湖の近くに行き触ってみました。海水とは違う感触でした。

f:id:oborodukiyo22:20190225153432j:plain

 豊公園です。こちらでもところどころ梅が蕾をつけていました。

f:id:oborodukiyo22:20190225154001j:plain

  長浜城です。駅のそばでお土産物を見ます。でっち羊羹や鮒寿し、赤こんにゃくがあります。赤こんにゃくは思ったよりも渋い赤色でした。他にも行ってみたいところはいろいろありましたが、竹生島へ行くことが出来て良かったです。

2020/8/16~8/31

8/16 換気扇汚れもゆるむ溽暑かな

8/17 残る暑さ日の出とともに増していく

8/18 かすかに峠を越えて熱帯夜

8/19 ようやくにアップデートし残暑かな

8/20 ひまわりの巡礼者のごと立ち並ぶ

8/21 お守りも電子で届け秋の朝

8/22 窓開けて夜風と入る虫の声

8/23 さっきまでいた戻らない猫秋の夕

f:id:oborodukiyo22:20200829134947j:plain

8/24 灸花子供の頃を呼びおこす

8/25 換気扇ゆでられそうな空気まぜ

   気を張っていろいろ終えて秋の蝉

8/26 白秋に隙間を探す置き場かな

8/27 甦るどしゃぶりの喜雨ひと休み

8/28 白秋の眼鏡検査ごしのニュース

8/29 重ねみる天体アプリ星月夜

8/30 石像の日焼けはせぬかマスクして

8/31 忘れもの最後の仕上げかき氷

f:id:oborodukiyo22:20200830110820j:plain

2020/8/1~8/15

8/1 ラジオ合せ地方時間差夏旺

8/2 冷やされて青田を渡る風届く

8/3 持ち上げてお腹が温い西瓜かな

8/4 チクチクと順番待ちのシャワーかな

8/5 おぼつかぬ書類読みとく溽暑かな

8/6 保育園簡易プールの高い声

8/7 スプリンクラー除けそこねるビジネスマン

f:id:oborodukiyo22:20200815102439j:plain

8/8   炎昼の息確かめる伸びた猫

8/9   炎天下マスクの作る影選ぶ

8/10 夜涼み口ずさむ『まちがいさがし

8/11 久しぶり夕立飛沫なにもせず

8/12 サマータイム時の流れ立ちつくす

8/13 セミの声伸びる長い影走る人

8/14 映画館体感まひする炎暑かな

8/15 光はね鷺草はそこ足元に

f:id:oborodukiyo22:20200815102512j:plain

2020/7/16~7/31

7/16 出来るだけ高く持ち上げ蓮の花

7/17 梅雨晴間妖精のケープくもの糸

7/18 何もかも小さくなって夏の山

7/19 駆け込んで終り告げる声庭花火

7/20 制限とゴートゥートラベルひからかさ

7/21 鰻食う隣合せの温暖化

7/22 こぼれ種夏草まじるブルースター

7/23 シャンプーの定まらぬ月日髪洗う

f:id:oborodukiyo22:20200722062352j:plain

7/24 せわしなく首ふる扇風機さがしもの

7/25 庭生まれ生命つなげる川蜻蛉

7/26 水眼鏡なしでじんわり手を伸ばす

7/27 夏の日に里芋の葉に知る雨量

7/28 子かまきり精一杯の威嚇かな

7/29 爆発のゲーム売切れ雲の峰

7/30 さっぱりの味覚の変化茗荷の子

7/31 フルマラソン完走したよに氷菓

f:id:oborodukiyo22:20200722062800j:plain

 

2020/7/1~7/15

7/1 七月のスタート問わるレジ袋

7/2 ねむの花車窓を開けて扇がれる

7/3 懐かしいマンガの続き走馬灯

7/4 繰り返しおかしな具合の梅雨出水

7/5 猫おこす水紋揺らす浮葉かな

7/6 青葉から雨の中飛ぶ白い鳩

7/7 なみなみと淵までわずか梅雨の池

f:id:oborodukiyo22:20200703101449j:plain

7/8   水引いて測る深さ折れた青葦

7/9   歯科検診ぼーと眺める夏の空

7/10 食べきれず理由告げずに分ける夏

7/11 黒南風にコーラ空容器の赤

7/12 夏の朝遅ればせながらスムージー

7/13 たこ飯や特別になる梅雨晴間

7/14 香水の嗅ぎ分け試す目当ての香

7/15 昔から変わら氷菓座りこむ

f:id:oborodukiyo22:20200703101527j:plain