朧月夜と春の海

本の記録 学習ノート おもしろかった事 その他   

由布岳  2015/8/9

 

 翌朝は屋上にある露天風呂へ。よい天気です。

f:id:oborodukiyo22:20150809065835j:plain

 この日は由布岳へ登ります。

f:id:oborodukiyo22:20150809065849j:plain

 どうして由布岳に登るかというと、以前引いたおみくじは万葉集からの和歌が書かれていて、調べていたら万葉集由布岳が登場すると知り登ってみようと思い立ちました。

f:id:oborodukiyo22:20150809065904j:plain

 別府駅からバスで登山口まて行きます。由布岳に登る予定らしい人も見かけます。

f:id:oborodukiyo22:20150809090842j:plain

 登山口です。

f:id:oborodukiyo22:20150809091210j:plain

 あとから牧草地と知るのですが、視界が開けた緑の草原の向こうに由布岳が見えています。

 「娘子(をとめ)らが 放(はな)りの髪を 木綿の山
      雲なたなびき 家のあたり見む 」 
               巻7-1244 作者未詳

f:id:oborodukiyo22:20150809091216j:plain

 「 思ひ出づる時はすべなみ豊国の
     木綿山雪の消ぬべく思ほゆ 」 
               巻10-2341 作者未詳

f:id:oborodukiyo22:20150809092232j:plain

 道を歩いて山の麓まで。

f:id:oborodukiyo22:20150809092251j:plain

 ここからは雑木林です。バスで見かけた女性の背中もみえます。

f:id:oborodukiyo22:20150809092452j:plain

 巨大な石が時々現れます。

f:id:oborodukiyo22:20150809093116j:plain

 巨石文化の名残かもしれないと興味深いです。

f:id:oborodukiyo22:20150809094116j:plain

  由布岳周辺の米神山などにも巨石群やストーンサークルがあるようでした。

f:id:oborodukiyo22:20150809094956j:plain

 合野越です。少し休憩します。

f:id:oborodukiyo22:20150809095239j:plain

 ウツボグサ

 大勢の人で連なって道を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20150809101657j:plain

やがて再び視界が開け地図を見るとジグザグの道を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20150809101811j:plain

 山の上は登りはじめ雲がかかっていましたが、見晴らしは良いです。

f:id:oborodukiyo22:20150809101816j:plain

 山の形が作られたようなきれいな形だと思いました。

f:id:oborodukiyo22:20150809103137j:plain

サイヨウシャジン

f:id:oborodukiyo22:20150809103553j:plain

キバナカワラマツバ

f:id:oborodukiyo22:20150809103619j:plain

 段々と飯森ヶ城が小さくなって見えます。

f:id:oborodukiyo22:20150809110356j:plain

 やがてゴロゴロした石の広い坂を登ると東峰と西峰の分かれ道です。

f:id:oborodukiyo22:20150809110407j:plain

  斜面を見上げます。急です。

f:id:oborodukiyo22:20150809110455j:plain

ノリウツギ

f:id:oborodukiyo22:20150809110527j:plain

イヨフウロ

f:id:oborodukiyo22:20150809110545j:plain

 東峰を見上げます。今日登ろうと思っていました。

f:id:oborodukiyo22:20150809110552j:plain

 坂を登って行ったところがマタエです。

f:id:oborodukiyo22:20150809110817j:plain

東峰 1584m  西峰 1583.3m

f:id:oborodukiyo22:20150809111008j:plain

  西峰の登り口を見上げます。

f:id:oborodukiyo22:20150809111020j:plain

 マタエから西峰の斜面です。

 

f:id:oborodukiyo22:20150809112217j:plain

 東峰の登り道です。

f:id:oborodukiyo22:20150809112919j:plain

シモツケ

f:id:oborodukiyo22:20150809113022j:plain

低い丈で蛍ぶくろがきれいに咲いています。

f:id:oborodukiyo22:20150809113029j:plain

花の名前の由来がおもしろいです。

f:id:oborodukiyo22:20150809113215j:plain

アジサイ

f:id:oborodukiyo22:20150809113830j:plain

ホソバシュロソウ

ひと休みして前日購入していたパンをお昼に食べます。

f:id:oborodukiyo22:20150809114000j:plain

日焼け予防に昨日はビタミンCを多目に摂りました。 

f:id:oborodukiyo22:20150809114012j:plain

東峰へ昇ります。

f:id:oborodukiyo22:20150809114628j:plain

山頂です。バスにのっていたときトンボが一匹フロントガラスの前を飛んでいましたが、こちらでは群で飛んでいました。 

f:id:oborodukiyo22:20150809115059j:plain

ツマグロヒョウモン

大勢の人です。記念写真を撮っていただきました。

f:id:oborodukiyo22:20150809115233j:plain

キオン

 せっかくなので昨日の記念の白地に赤の文字のTシャツをパーカーの下に着ています。 

f:id:oborodukiyo22:20150809115429j:plain

キマワリ

f:id:oborodukiyo22:20150809115923j:plain

 東峰から西峰方向の眺めです。

f:id:oborodukiyo22:20150809115933j:plain

 東峰の山頂は大勢の人で賑やかです。 f:id:oborodukiyo22:20150809120133j:plain

 山頂からの景色です。

f:id:oborodukiyo22:20150809120728j:plain

 東峰を降りて、どうしようかと思ったのですが次の機会があるかわからないので、西峰へ昇ります。

f:id:oborodukiyo22:20150809121043j:plain

  険しいと事前に調べて知っていたのですが。 

f:id:oborodukiyo22:20150809121506j:plain

 西峰から東峰の景色です。いつの間にか濃い霧が出てきました。

 鎖場で大きな荷物を背負った集団の人達が降りてきます。待ってたら、場所は忘れてしまったけれど、本州の難所のだとか高い山に登りに行くので練習をされていたようです。

f:id:oborodukiyo22:20150809121714j:plain

 挑戦します。荷物が重いかとリュックを置いて斜めがけにしたガバンを身に付けていたのですが、重心が動いてよくないとわかりました。

f:id:oborodukiyo22:20150809122134j:plain

 西峰の写真は登るのが難しかったので少な目です。山の谷間は霧が出てきて回りが見えなくなって幻想的な感じになります。

 東峰に学校の課外授業なのか部活の遠征なのか学生たちが登って行く姿が見えます。その内、私の名前はそう言う名前じゃないんだけどなあ...という掛け声が聞こえてきました。

f:id:oborodukiyo22:20150809123444j:plain

ホソバノヤマハハコ 

f:id:oborodukiyo22:20150809123450j:plain

  気温は32度ぐらいでしょうか。真夏日です。

f:id:oborodukiyo22:20150809123503j:plain

山頂です。

f:id:oborodukiyo22:20150809123640j:plain

 お鉢巡りはせずに再びもとの道を引き返します。

f:id:oborodukiyo22:20150809123645j:plain

 緑が鮮やかて日差しがまぶしいです。 

f:id:oborodukiyo22:20150809123653j:plain

 山頂付近でアサギマダラだとおもうのですが飛んで来ていました。

f:id:oborodukiyo22:20150809123705j:plain

 随分と高い位置を移動していくようです。

f:id:oborodukiyo22:20150809123728j:plain

 しばらくいたのに写真は撮り損ねてしまいました。

f:id:oborodukiyo22:20150809123744j:plain

 由布院が見えています。 

f:id:oborodukiyo22:20150809123952j:plain

 ツクシアザミ

f:id:oborodukiyo22:20150809124016j:plain

 鎖場の方にいかなければならないとき別のところを降りそうになり、ちょうど登ってこられた方に声をかけていただき気がつきました。 

f:id:oborodukiyo22:20150809124407j:plain

 反対側が降りていく場所です。見ると身軽そうな若者たち、学生の中の希望者なのか、余裕でスルスル登って振り返って記念撮影をしています。 

f:id:oborodukiyo22:20150809124901j:plain

  自分が降りるとき、怖くて身がすくんだのですが、しゃがんで下を再び眺めるとよし、大丈夫と思えて平気になりました。

f:id:oborodukiyo22:20150809133346j:plain

 無事おりられました。

f:id:oborodukiyo22:20150809135004j:plain

 いつのまにか霧は晴れています。 

f:id:oborodukiyo22:20150809135008j:plain

 下るとき、時々は人とすれ違っていたのですが、その内全く誰もおらず、何の音もせず、普段無数に飛んでいるのかもしれない電波もなく、そのときはその事にも気がつかず一時まったくの無心で歩き続けていました。

f:id:oborodukiyo22:20150809135249j:plain

 最近無縁だった静寂とはありがたいものだなと思い、山に登ったご褒美だったのかもしれません。

f:id:oborodukiyo22:20150809142410j:plain

 静寂からさめ再び雑木林を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20150809142458j:plain

 バスが気になってまだ見えない位置だけどまっすぐいけば登山口があるので急いでいたら、転んでしまいました。

f:id:oborodukiyo22:20150809144258j:plain

 柔らかい土の上だったので平気でしたが、急がなくてもまだまだ来ないといわれた気がします。

f:id:oborodukiyo22:20150809145249j:plain

 日陰でバスを待ちます。その間も登山者を見かけます。

f:id:oborodukiyo22:20150809145256j:plain

 バス停では飲み物が買えず、ペットボトル1本しかもっていってなかったので、由布院に着くとまず水分補給です。

f:id:oborodukiyo22:20150809150431j:plain

 それからコインランドリーにいきその前に事前に調べていた近くの温泉に入りに行こうと思ったら閉業していました。とりあえず洗濯をします。そしてご飯を食べようと近くの店に入ります。

f:id:oborodukiyo22:20150809150445j:plain

 あまり食欲はなかったのですが塩分はとった方がいいかと、雑炊とかき氷、それからすでにそれまでも何本か飲み物を飲んでいたのですが、喉が渇いて仕方がなくてひたすら水を飲んでいました。もしかしたら熱中症になりかけだったのかもしれません。

f:id:oborodukiyo22:20150809150450j:plain

 ウォータークーラーの減りがやけに早かったのはきっと私が原因でしょう。フリードリンクのお店でよかったです。とてもありがたかったです。

f:id:oborodukiyo22:20150809170642j:plain

 宿に向かいます。由布岳が見えます。

f:id:oborodukiyo22:20150809184826j:plain

 宿に到着です。可愛い部屋です。この日はタイミングよく他に人がおらず温泉は貸切状態です。

f:id:oborodukiyo22:20150809184928j:plain

  水を出した時にきれいな音がして、まだこの辺りは水がきれいなのだろうと思いました。

 

広告を非表示にする